甲斐犬の特徴

甲斐犬の標準(甲斐犬会報より)
●本質及び外貌
性徴良く表し、素朴にして沈着猛性を備え、行動軽快にして、敏捷迫力があり特に帰家性強く、一代一主傾向が強い。
表毛剛直にして綿毛は密であり、蓑毛を有する。
毛色は、黒虎毛、中虎毛、赤虎毛の三つに分類される。
体型的には猪型、鹿型がある。
体高はほぼ40~50㎝
●耳
適度に厚く三角形をなし形良く前傾し、耳の間は適度な広さを有し、耳の線緩みなく、他の日本犬種より、やや大きめである。
●目
やや三角形にして、虹彩暗褐色を呈し、毛色により多少の濃淡あり。
●口吻
口唇良く締まり色素良く、歯牙強靱、噛み合わせ正しい。
●頭頚
額広く額段適度に落ち込み、頚部適度な太さと長さを有史、緩み無きもの。
●背腰
背線直くにして、腰力強く締まっている。
●胸腹
胸深く、腹部適度に引き締まる。
●尾
尾は太く力強い差尾又は巻尾で、長さはほぼ飛節に達するものとする。
●四肢
強健にして飛節特に発達し強固にして且つ跳躍力、疾走力に富む。
●文部省天然記念物指定告示の添え書き
主トシテ山梨県下ニ飼育セラルルモノニシテ中北系日本犬ニ属スルモノナリ
中型ニシテ四肢強健飛節良ク発達シ毛粗剛ニシテオオムネ黒色及茶褐色ノモノ相半シ虎斑ヲ呈ス
・主として山梨県下に飼育せらるるものにして中北系の日本犬に属するものなり
⇒山梨県特産にして、現在も山梨がその故郷である。
・中型にして四肢強健飛節良く発達し毛粗剛
⇒環境的条件により特に発達している。
・黒色及び茶褐色のもの相半し虎斑を呈す    
⇒地理的条件で集約的に繁殖した一犬種虎毛では世界で只一つ。
黒虎毛、中虎毛、赤虎毛を必須条件として加えて、     
日本犬の持つ共通した性能の中で狩猟上の芸能、番犬として、主家を守る本能を残している。